好奇心の種を育てる

興味があることを書き留め、調べてみるブログ

スポンサーズリンク


農業機械メーカーの業績について調べてみた ~井関農機~

はじめに

今回は井関農機について調べました。
井関農機という会社は、農業機械メーカについて調べて初めて知りました。クボタの記事でも書きましたが、日本国内での農業機械シェアではクボタに次ぐシェアを誇る会社になります。


quwechan.hatenablog.com

  • 国内農業機械市場でのクボタのシェア(2002年~2011年)


それでは井関農機についてみていきましょう。

井関農機の事業について

井関農機の事業は「農業関連事業」のみです。「その他事業」としてコンピュータソフトの開発・販売・運用を行う情報処理サービス事業を行っていたこともありましたが、売上に占める割合は極めて低いことから、ここでは井関農機を「農業関連事業」のみを行っている会社として記載します。

農業関連事業の主要品目を井関農機のホームページよりまとめました。

区分 主要品目
農業関連 トラクタ 耕うん機・管理機 田植え機 コンバイン 乾燥調整機 乗用管理機 野菜作機械 生地・畑作用作業機 乾燥貯蔵施設 育苗施設 養液栽培施設

井関農機の業績の推移

売上高と営業利益の推移

以下のグラフに売上高の推移と営業利益率の推移を示します。

f:id:quwequwe:20160812081924j:plain
井関農機の有価証券報告書より

  • 注意
    • 2015-12期は決算期の変更により9ヶ月分データとなっている


売上高はほぼ横ばいですが、営業利益率が大きく変動しており2008年3月期と2015年3月期・12月期が特にひどく1%以下またはマイナスとなっています。平均値も2.1%と低い値となっています。

以下のグラフに営業利益の推移を示します。

f:id:quwequwe:20160812081934j:plain
井関農機の有価証券報告書より

  • 注意
    • 2015-12期は決算期の変更により9ヶ月分データとなっている


営業利益は2005年からみて成長しているとはいえません。年によって極端に営業利益が上下していることから井関農機は景気循環の影響を大きく受ける会社と言えます。


売上と営業利益について以下のことが分かりました。

  • 売上高および営業利益ともに成長していない。
  • 営業利益率は平均2.1%である
  • 井関農機の業績は景気循環の影響を大きく受ける

総資産の推移

以下のグラフに総資産・自己資本比率・総資産営業利益率の推移をしめします。

f:id:quwequwe:20160812081953j:plain
井関農機の有価証券報告書より

  • 注意
    • 2015-12期は決算期の変更により9ヶ月分データとなっている


総資産は2005年は1800億円程度でしたが、2015年には2000億円程度まで増加しています。12年間で約10%増加していますが、成長と呼ぶには物足りない水準です。また、総資産営業利益率は上下があるものの過去の水準から劇的に変化しているとはいえず横ばいです(平均1.8%程度)。自己資本比率は上昇傾向にあり、2015年12月期では33%となっています。

資産について以下のことが分かりました。

  • 総資産は2005-3~2015-12期にかけて約10%増加した
  • 資産(会社規模)の成長は物足りない水準である
  • 自己資本比率は上昇傾向で、2015年12月期は33%であった

海外売上の推移

以下のグラフに地域別の売上割合および売上高の推移を示します。

f:id:quwequwe:20160812084558j:plain
f:id:quwequwe:20160812084601j:plain
井関農機の有価証券報告書より

  • 注意
    • 2015-12期は決算期の変更により9ヶ月分データとなっている


2005年3月期の海外売上は10%でしたが、2015年12月期には15%まで増えています。海外売上の割合は12年前よりも増えてはいますが、低い水準に留まっています。中国・アメリカ・ヨーロッパなどの海外で事業を行ってはいますが国内の売上高が圧倒的に大きく、国際的な企業であるとは言えません。

海外の売上について以下のことが分かりました。

  • 井関農機の2015年12月期の売上の15%が海外での売上である
  • 国内での売上が圧倒的に多い

おわりに

今回井関農機について調査して以下のことが分かりました。

  • 売上・営業利益ともに成長出来ていない
  • 営業利益率は平均2.1%である
  • 総資産は2005~2015年で約10%増加した
  • 総資産営業利益率は平均1.8%である
  • 自己資本比率は上場傾向で2015年12月期は33%である。
  • 海外の売上比率は増加しているものの2015年12月期時点で約15%で、海外進出出来ているとは言い難い

今回はここまでです。