好奇心の種を育てる

興味があることを書き留め、調べてみるブログ

スポンサーズリンク


水ビジネス関連会社 15社の業績をまとめてみた

はじめに

今回は水ビジネスに関連する会社の業績についてまとめました。

各社事業内容および業績まとめ

調査した会社の事業内容と業績をまとめました
  

会社名 事業内容 売上
(億円)
利益率
(%)
成長
実績
海外
(%)
メタウォーター 上下水処理設備 1069 7 ×
日本上下水道設計 上下水道のコンサルタント 143 7.6 30
水道機工 上下水道施設向け浄水処理設備 161 3.1
月島機械 上下水処理などの水環境事業 742 4.9 23
野村マイクロサイエンス 超純水装置 181 1 × 70
荏原 ポンプ 4749 4.9 52
栗田工業 総合水処理、水処理装置と薬品に強み 1917 12.5 29
明電舎 発電・変電・制御装置、水処理関連設備や自動車用試験装置に強み 2000 3.4 26
日立造船 環境・プラント事業、海水淡水化プラント、ゴミ焼却発電施設 3127 3.7 33
オルガノ 電力、半導体向けの超純水製造装置 684 5 × 23
ササクラ 海水淡水化装置 132 3 × 34
酉島製作所 ポンプ 449 3.3 × 57
前沢工業 上下水道機械 293 -0.2 ×
ウォーターダイレクト 富士山天然水を製造・販売 97 3.3
OSGコーポレーション 浄水器・アルカリイオン整水器の製造販売、メンテナンス 49 4.1
  • 注意
    • 「売上」「利益率」は過去の平均値を記載
    • 「成長実績」は過去の売上および利益率の成長度合いを元に記載
    • 「海外」は最新決算期の海外売上比率を記載
    • 海外売上の10%未満のために有価証券報告書に記載が省略されている場合は「海外」に「ー」を記載


  

水道事業会社

メタウォーター

事業内容

メタウォーターは上下水処理設備の分野で国内トップクラスの会社です。

同社が手がける事業セグメントは以下の2つです。

  • プラントエンジニアリング
  • サービスソリューション


各事業が売上に占める割合は以下のとおりです。
f:id:quwequwe:20170320091909j:plain
メタウォーターの有価証券報告書より

業績推移

f:id:quwequwe:20170320091925j:plain
メタウォーターの有価証券報告書より


売上は横ばいです。
営業利益率は低下しています。

メタウォーターの業績は成長していません。

日本上下水道設計

事業内容

日本上下水道設計は上下水道のコンサルタントを手がけている会社です。

同社が手がけている事業は以下のとおりです。

  • 水道
  • 下水道
  • 環境・その他
業績推移

f:id:quwequwe:20170320090641j:plain
日本上下水道設計の有価証券報告書より


売上は増加しています。
営業利益率は上昇しています。


日本上下水道設計の業績は成長しています。

装置・機器メーカ

水道機工

事業内容

水道機工は上下水道施設向け浄水処理設備が主力の会社です。

同社が手がける事業セグメントは以下の3つです。

  • 上下水道
  • 環境
  • 機器


各事業が売上に占める割合は以下のとおりです。
f:id:quwequwe:20170320085345j:plain
水道機工の有価証券報告書より

業績推移

f:id:quwequwe:20170320085406j:plain
水道機工の有価証券報告書より


売上は減少しています。
一方営業利益率は上昇しています。

水道機工の業績は成長しているともいないとも言い難いです。

月島機械

事業内容

月島機械は上下水処理などの水環境事業や化学向けなどの産業プラント・機器を手がける会社です。

同社が手がける事業セグメントは以下の2つです。

  • 水環境
  • 産業


各事業が売上に占める割合は以下のとおりです。
f:id:quwequwe:20170320065437j:plain
月島機械の有価証券報告書より

業績推移

f:id:quwequwe:20170320065519j:plain
月島機械の有価証券報告書より


売上は横ばいです。
営業利益率は上昇しています。

月島機械の業績は成長しているともいないとも言い難いです。

野村マイクロサイエンス

事業内容

野村マイクロサイエンスは超純水装置の大手です。

同社は水処理装置事業を営んでいます

業績推移

f:id:quwequwe:20170320064522j:plain
野村マイクロサイエンスの有価証券報告書より


売上は減少しています。
また、営業利益率も低下しています。

野村マイクロサイエンスの業績は成長していません。

荏原

事業内容

荏原はポンプの総合メーカです。

同社が手がける事業セグメントは以下の3つです。

  • 風水力
  • エンジニアリング
  • 精密・電子


各事業が売上に占める割合は以下のとおりです。
f:id:quwequwe:20170320063826j:plain
荏原の有価証券報告書より

業績推移

f:id:quwequwe:20170320063855j:plain
荏原の有価証券報告書より


売上は減少しています。
営業利益率は上昇しています。

荏原の業績は成長しているともいないとも言い難いです

栗田工業

事業内容

栗田工業は総合水処理の最大手企業です。
水処理装置と薬品に強みを持っています。

同社が手がける事業セグメントは以下の2つです。

  • 水処理薬品
  • 水処理装置


各事業が売上に占める割合は以下のとおりです。
f:id:quwequwe:20170320063029j:plain
栗田工業の有価証券報告書より


業績推移

f:id:quwequwe:20170320110415j:plain
栗田工業の有価証券報告書より


売上は横ばいです。
営業利益率はやや低下しています。

栗田工業の業績は成長しているともいないとも言い難いです。

明電舎

事業内容

明電舎は発電・変電・制御装置を手がけている会社です。
水処理関連設備や自動車用試験装置に強みがあります。

同社が手がける事業セグメントは以下の4つです。

  • 社会インフラ
  • 産業システム
  • 保守・サービス
  • 不動産


各事業が売上に占める割合は以下のとおりです。
f:id:quwequwe:20170320061730j:plain
明電舎の有価証券報告書より

業績推移

f:id:quwequwe:20170320061821j:plain
明電舎の有価証券報告書より


売上が増加しています。
また、営業利益率も上昇しています。


明電舎の業績は成長しています。

日立造船

事業内容

日立造船は環境・プラント事業を主力事業として営んでいます。
また、同社は海水淡水化プラントを手がけています。

ただし、同社は海水淡水化プラントよりもゴミ焼却発電施設に重きを置いており、水ビジネスを主力とする企業ではありません。

同社が手がける事業セグメントは以下の4つです。

  • 環境・プラント
  • 機械
  • インフラ
  • その他

各事業が売上に占める割合は以下のとおりです。
f:id:quwequwe:20170320055822j:plain
日立造船の有価証券報告書より


業績推移

f:id:quwequwe:20170320060216j:plain
日立造船の有価証券報告書より


売上は増加しています。
営業利益率は横ばいです。

日立造船の業績は成長しています。

オルガノ

事業内容

オルガノは電力、半導体向けの超純水製造装置に強みをもつ企業です。

同社が手がける事業セグメントは以下の2つです。

  • 水処理エンジニアリング
  • 機能商品


各事業が売上に占める割合は以下のとおりです。
f:id:quwequwe:20170320054620j:plain
オルガノの有価証券報告書より

業績推移

f:id:quwequwe:20170320054720j:plain
オルガノの有価証券報告書より

売上は横ばいです。
一方、営業利益率は低下しています。


オルガノの業績は成長していません。

ササクラ

事業内容

ササクラは海水淡水化装置の大手企業です。

同社が手がける事業セグメントは以下の4つです。

  • 船舶用機器
  • 陸上用機器
  • 水処理装置
  • 消音冷熱装置


各事業が売上に占める割合は以下のとおりです。
f:id:quwequwe:20170320030545j:plain
ササクラの有価証券報告書より

「水処理装置」事業の全体の5割を占めており、「水処理装置」事業を主に営んでいる会社といえます。

業績推移

f:id:quwequwe:20170320031145j:plain
ササクラの有価証券報告書より


売上は減少、もしくは横ばいです。
営業利益率は低下しています。


ササクラの業績は成長していません。

酉島製作所

事業内容

酉島製作所はポンプ国内大手です。
同社は中東の海水淡水化設備向けに強みをもっています。

業績推移

f:id:quwequwe:20170320034159j:plain
酉島製作所の有価証券報告書より

売上は横ばいです。
営業利益率は2013-3以降に大幅に低下しています。


酉島製作所の業績は成長していません。

前沢工業

事業内容

前沢工業は上下水道機械の大手です。


同社が手がける事業セグメントは以下の3つです。

  • 環境
  • バルブ
  • メンテナンス

各事業が売上に占める割合は以下のとおりです。
f:id:quwequwe:20170320050907j:plain
前沢工業の有価証券報告書より

業績推移

f:id:quwequwe:20170320050947j:plain
前沢工業の有価証券報告書より


売上は横ばいです。

2009-5までは赤字でしたが、それ以降の業績は回復しています。
2010-5以降の営業利益率は横ばいです。

前沢工業の業績は成長していません。

ウォーターダイレクト

事業内容

ウォーターダイレクトは富士山天然水を製造・販売しています。

業績推移

f:id:quwequwe:20170320051808j:plain
ウォーターダイレクトの有価証券報告書より

売上は急激に増加していますが、営業利益率は大幅に減少しています。

同社は規模拡大を優先した経営をしており、利益を稼げていません。
一方で売上は伸びており、業績は成長しているともいないとも言い難いです。

OSGコーポレーション

事業内容

OSGコーポレーションは浄水器・アルカリイオン整水器の製造販売、メンテナンスを行っています。

同社が手がける事業セグメントは以下の4つです。

  • 水関連機器
  • メンテナンス
  • HOD(水宅配)
  • その他

各事業が売上に占める割合は以下のとおりです。
f:id:quwequwe:20170320053305j:plain
OSGコーポレーションの有価証券報告書より


業績推移

f:id:quwequwe:20170320053329j:plain
OSGコーポレーションの有価証券報告書より

売上は増加しています。
営業利益率も増加しています。

OSGコーポレーションの業績は成長しています。