好奇心の種を育てる

興味があることを書き留め、調べてみるブログ

スポンサーズリンク


ユニチャームの業績を調べてみた

ユニチャームの事業

ユニチャームは「パーソナルケア」「ペットケア」「その他」の3つの事業を営んでいます。

各事業が売上に占める割合を以下の図に示します。

f:id:quwequwe:20170328085051j:plain
ユニチャームの有価証券報告書より



各事業の内容をユニチャームの有価証券報告書より以下の表にまとめました。

セグメント 主要品目・事業内容
パーソナルケア ベビーケア関連商品、フェミニンケア関連商品、ヘルスケア関連商品及びクリーン&フレッシュ関連商品等の製造・販売
ペットケア ペットフード関連商品及びペットトイレタリー関連商品等の製造・販売
その他 産業用資材関連商品等の製造・販売

ユニチャームの業績の推移

売上高と営業利益の推移

以下のグラフに売上高の推移と営業利益率の推移を示します。

f:id:quwequwe:20170328090018j:plain
ユニチャームの有価証券報告書より


以下のグラフに営業利益の推移を示します。

f:id:quwequwe:20170328090031j:plain
ユニチャームの有価証券報告書より


売上と営業利益が増加しています。
営業利益率は横ばいです。

営業利益率の平均は11%と高いです。

総資産の推移

以下のグラフに総資産・自己資本比率・総資産営業利益率の推移をしめします。

f:id:quwequwe:20170328090119j:plain
ユニチャームの有価証券報告書より


総資産は増加しています。
自己資本比率は横ばいです。
2015-12の自己資本比率は55%です。

セグメント別の業績

以下はセグメント別の売上と利益率の推移を示すグラフと、セグメントごとの売上および利益率の平均値を示すグラフである。


f:id:quwequwe:20170328090212j:plain
f:id:quwequwe:20170328090215j:plain
ユニチャームの有価証券報告書より

  • 注意
    • 数値はセグメント間のやりとりを消去前の値


以下のグラフにセグメント別の利益および全体に占める割合の推移を示します。

f:id:quwequwe:20170328090251j:plain
f:id:quwequwe:20170328090259j:plain
ユニチャームの有価証券報告書より

  • 注意
    • 数値はセグメント間のやりとりを消去前の値


利益の大半を「パーソナルケア」事業が稼ぎだしています。



海外売上の推移

以下のグラフに地域別の売上シェアおよび売上高の推移を示します。

f:id:quwequwe:20170328090402j:plain
f:id:quwequwe:20170328090406j:plain
ユニチャームの有価証券報告書より

  • 注意
    • 数値はセグメント間のやりとりを消去後の値
    • 連続したデータを取得することが困難であるため、2007-3~2010-3の地域別の売上は記載していない


国内・海外ともに売上が増加しています。
海外売上比率は増加しており、2015-12は61%です。


おわりに

今回ユニチャームについて調査して以下のことが分かりました。

  • 売上・営業利益が増加している
  • 営業利益率は横ばいです
  • 営業利益率の平均値は11%と高いです
  • 総資産は増加しています
  • 自己資本比率は横ばいです
  • 2015-12の自己資本比率は55%です
  • 「パーソナルケア」事業が利益の大半を稼ぎだしています
  • 2015-12の海外売上比率は61%です


素晴らしい銘柄です。

  • 業績が成長している
    • 10年で売上・営業利益・総資産が2倍以上になっている
    • 営業利益率も落ちていない
  • ディフェンシブな商品を扱っている
    • 消耗品・生活必需品
  • 事業の内容が単純で理解しやすい
    • 「パーソナルケア」事業のみについて考えればよい
    • 消耗品・生活必需品の製造販売をしているだけ
  • 自己資本比率も高い
  • 海外売上比率も高い
    • 国内市場が縮小していっても安心

これだけ条件を満たす銘柄も珍しいのではないでしょうか。
株価が充分安い水準になるまで待ってから買いたいですね。


今回はここまでです。