好奇心の種を育てる

興味があることを書き留め、調べてみるブログ

スポンサーズリンク


花王の業績について調べてみた

花王の事業

花王は「ビューティケア」「ヒューマンヘルスケア」「ファブリック&ホーム」「ケミカル」の4つの事業を営んでいます。

各事業が売上に占める割合を以下の図に示します。

f:id:quwequwe:20170331115310j:plain
花王の有価証券報告書より



各事業の内容を花王の有価証券報告書より以下の表にまとめました。

セグメント 主要品目・事業内容
ビューティケア カウンセリング化粧品、セルフ化粧品、化粧石けん、洗顔料、全身洗浄料、シャンプー、リンス、ヘアスタイリング剤、ヘアカラー
ヒューマンヘルスケア 飲料、生理用品、紙おむつ、入浴剤、歯みがき・歯ブラシ、メンズプロダクツ
ファブリック&ホーム 衣料用洗剤、洗濯仕上げ剤、台所用洗剤、住居用洗剤、掃除用紙製品、業務用製品
ケミカル 油脂アルコール、油脂アミン、脂肪酸、グリセリン、業務用食用油脂、界面活性剤、プラスチック用添加剤、コンクリート用高性能減水剤、トナー・トナーバインダー、インクジェットプリンターインク用色材、香料

花王の業績の推移

売上高と営業利益の推移

以下のグラフに売上高の推移と営業利益率の推移を示します。

f:id:quwequwe:20170331115427j:plain
花王の有価証券報告書より


以下のグラフに営業利益の推移を示します。

f:id:quwequwe:20170331115439j:plain
花王の有価証券報告書より


売上は若干増加しています。
営業利益、営業利益率は増加しています。

営業利益率の平均は9.2%と高いです。

総資産の推移

以下のグラフに総資産・自己資本比率・総資産営業利益率の推移をしめします。

f:id:quwequwe:20170331115550j:plain
花王の有価証券報告書より

総資産は横ばいです。
自己資本比率は上昇しています。
2015-12の自己資本比率は52%です。

セグメント別の業績

以下はセグメント別の売上と利益率の推移を示すグラフと、セグメントごとの売上および利益率の平均値を示すグラフである。


f:id:quwequwe:20170331115731j:plain
f:id:quwequwe:20170331115735j:plain
花王の有価証券報告書より

  • 注意
    • 数値はセグメント間のやりとりを消去前の値
    • 連続したデータの取得が難しかったため、2007-3~2008-3のセグメント情報は記載していない


以下のグラフにセグメント別の利益および全体に占める割合の推移を示します。

f:id:quwequwe:20170331115747j:plain
f:id:quwequwe:20170331115754j:plain
花王の有価証券報告書より

  • 注意
    • 数値はセグメント間のやりとりを消去前の値
    • 連続したデータの取得が難しかったため、2007-3~2008-3のセグメント情報は記載していない


「ファブリック&ホーム」事業が利益の要となっています。



海外売上の推移

以下のグラフに地域別の売上シェアおよび売上高の推移を示します。


f:id:quwequwe:20170331115929j:plain
f:id:quwequwe:20170331115931j:plain
花王の有価証券報告書より

  • 注意
    • 数値はセグメント間のやりとりを消去後の値

海外売上比率は増加しており、2015-12は35%です。


おわりに

今回花王について調査して以下のことが分かりました。

  • 売上・営業利益・営業利益率が増加しています
  • 営業利益率の平均値は9.2%と高い水準です
  • 総資産は横ばいです
  • 自己資本比率は上昇しています
  • 2015-12の自己資本比率は52%です
  • 海外売上比率は上昇しており、2015-12は35%です


花王の業績は成長しています。ただし、その成長速度は緩やかです。
営業利益率が高く、競争力がある事業を営んでいることが分かります。

花王の業績の推移を見る限り、景気の影響を受けにくいディフェンシブな銘柄と言えます。
株価が安い水準であれば購入を検討したい銘柄です。


今回はここまでです。