好奇心の種を育てる

興味があることを書き留め、調べてみるブログ

スポンサーズリンク


株の初心者のための講座 会社の資金調達

会社の資金調達

会社が事業を営むためには多額のお金が必要です。
会社の事業を運営するには、工場を建てたり、原材料を買ったり、従業員を雇ったりと大量のお金がかかるからです。
自前ですべてをまかなうことができれば理想ですが、起業する際はそもそも元手が無いのが普通ですし、稼いだお金以上の投資をする事もあります。

そのような場合に、会社は銀行や投資家から資金調達を行います。

以下の図は会社の資金調達のイメージです。

f:id:quwequwe:20171005013335j:plain


株式会社の場合、資金調達の手段は大きく3つあります。

  • 銀行からの借り入れ
  • 債券の発行
  • 株式の発行

です。


それぞれ以下のような特徴があります。

資金調達の手段 特徴
銀行からの借り入れ いわゆる借金です。決められた利息と元本を銀行に返済しなくてはなりません
債券の発行 社債を発行し、投資家に買ってもらうことで資金を調達します。決められた利息と元本を投資家に返済しなくてはなりません
株式の発行 株式を発行し、投資家に買ってもらうことで資金を調達します。利息や元本を投資家に返済する必要がありません。その代わり、会社が稼いだ利益や会社の純資産は株主の持ち物になりますし、会社の経営権も株主のものになります

 

このように、会社は様々な方法で資金を調達し、事業を営んでいます。