好奇心の種を育てる

興味があることを書き留め、調べてみるブログ

スポンサーズリンク


株の初心者のための講座 貸借対照表(バランスシート)

貸借対照表とは

貸借対照表とは、会社が事業を営むために何をどのくらい保有しているのか、また、そのためにどのような手段でいくら資金を調達しているのかをまとめた文書です。

事業のための保有資産額と、資金調達金額がつり合いバランスがとられるため、バランスシートとも呼ばれています。

以下は貸借対照表の全体図です。


f:id:quwequwe:20171005214155j:plain:w600



貸借対照表は上の図のように、会社が事業のために保有している資産額を表す資産の部と、資金調達の手段と額を表す負債の部および純資産の部から構成されています。
それぞれの部に書かれている主な項目を以下にまとめました。

区分 主な項目
資産の部 現金や土地、建物
負債の部 借入金や債券
純資産の部 株式発行によって調達したお金、これまでに事業で稼いだお金




そして、それぞれの部には以下の図のように、資産や負債などの項目名とその金額が並んでいます。


f:id:quwequwe:20171005225841j:plain:w400



貸借対照表を読むことで「この会社は土地や建物をたくさん持っているな。土地や建物は借金で買ったというよりも、これまで事業で稼いだお金で買っているのだな」ということがわかるわけです。



どうですか、貸借対照表についてイメージできましたか?
次はそれぞれの部についてみていきます。

資産の部

概要

資産の部には、会社が事業を行うために何をどの程度持っているかが書かれています。
以下は資産の部の全体図です。


f:id:quwequwe:20171005235017j:plain:w300


資産は

  • 流動資産
  • 有形固定資産
  • 無形固定資産

の3種類に分類されます。

それぞれの説明を以下の表にまとめました。

資産の種類 説明 代表的な資産項目
流動資産 1年以内に現金化できる資産 現金、売掛金、商品
有形固定資産 継続して使用する資産で、具体的な形のあるもの 土地、建物、機械装置
無形固定資産 継続して使用する資産で、具体的な形のないもの ソフトウェア

 

資産の部を見る際のポイント

現金

資産の部を読むうえで現金の量は必ずチェックしておきたい所です。
現金は絶対的な金額よりも、負債の額と比べて多いか少ないかといったことを見ていきます。

  • 現金は有利子負債と比べて多いのか少ないのか
    • 現金のほうが多ければ、実質無借金経営だとわかる


現金の量をみると、会社の財務健全性を大雑把に知ることができます。
現金がたくさんある会社は倒産しにくいです。


また、現金と有利子負債は推移を調べてみると、会社が儲かっているかどうかわかります。

現金の推移 有利子負債の推移 会社の状況
増加 減少 儲かっている
減少 増加 儲かっていない


ただし、会社が成長のために借入を増やしていることもあるため、総合的に判断する必要があります。

有形固定資産

有形固定資産が全体に占める割合についてもチェックしましょう。
会社の事業の特徴を読み取ることができます。

有形固定資産の割合 わかること
多い 生産設備などの固定資産をつかって製品・サービスを生み出すような事業を営んでいる。製造業など。事業拡大に多くのお金がかかる
少ない 設備投資が少なくても大丈夫な事業を営んでいる。IT関連サービスなど。事業の拡大にそれほどお金がかからない

 

負債の部

概要

負債の部には、借入や社債のような資金調達の手段と金額が書かれています。
以下は負債の部の全体図です。

f:id:quwequwe:20171006135806j:plain:w300

負債は

  • 流動負債
  • 固定負債

の2種類に分類されます。


それぞれの説明を以下の表にまとめました。

負債の種類 説明 代表的な負債項目
流動負債 1年以内に返済しなければならない負債 短期借入金、買掛金、1年以内に返済予定の長期借入金、1年以内に返済予定の社債
固定資産 1年以内に返済する必要がない負債 長期借入金、社債

負債の部を見る際のポイント

有利子負債

負債の部を読むうえで有利子負債の量は必ずチェックしたい所です。
有利子負債の金額が現金よりも多いのか少ないのか、また、有利子負債と現金の金額の推移を確認します。
(資産の部で記載との重複部分は割愛しています)

有利子負債の量をチェックする際は、営業キャッシュフローや純利益額の何倍かを計算してみましょう。
例えば、有利子負債が収益の10年分を超えていたりすると、有利子負債が多すぎるとわかるわけです。

これは私の個人的な基準ですが

有利子負債÷営業キャッシュフロー(倍) チェック結果
3倍未満 適量
3倍~5倍未満 多い
5倍以上 多すぎる


といった感じで有利子負債の額をチェックしています。



ちなみに有利子負債という項目は、負債の部にはありません。有利子負債とは利子が付く負債のことです。具体的には

  • 短期借入金
  • 1年以内に返済予定の長期借入金
  • 1年以内に返済予定の社債
  • 長期借入金
  • 社債

などが有利子負債に該当します。

これらの金額を合計し、有利子負債の金額を求める必要があります。

純資産の部

概要

純資産の部には、株主から調達したお金と、事業によって得た利益の蓄積金額が書かれています。
以下は純資産の部の全体図です。

f:id:quwequwe:20171006142902j:plain:w300



純資産の部には、株主資本のほかも項目がありますが重要度が低いため、ここでは株主資本についてのみ説明します。
以下は株主資本の項目とその説明です。

株主資本の項目 説明
資本金・資本剰余金 株式を発行して調達したお金
利益剰余金 事業利益によって得たお金の蓄積

純資産の部を見る際のポイント

利益剰余金

利益剰余金は過去の推移を調べ、その金額が増えているか減っているかを確認します。

利益剰余金は、会社がこれまで事業で稼いできた利益の蓄積です。
したがって、この額が増えているなら、事業が上手くいっているということです。


自己資本比率

自己資本比率は全資産に占める純資産の割合のことです。

自己資本比率(%) = 純資産 ÷ 総資産 × 100

で算出できます。


一般的に、自己資本比率が40%以上であれば、財務的には健全で倒産しずらいといわれています。

貸借対照表(バランスシート)は少なくとも過去5年分を確認しよう

貸借対照表を読むときは、過去数年の数字を確認するようにしたほうがいいです。会社の財務状況がよくなっているのか悪くなっているのかがわかるからです。一見良い財務状況に見えても、財務状況が過去10年間悪化し続けているのであれば事業に何かしらの問題を抱えていることは明白で、そういった会社への投資は慎重になるべきです。

そのためには、会社の貸借対照表をさかのぼってみていく必要がありますが、これは想像以上に大変です。
そこで、会社の財務状況を手軽に確認できるようなwebサイトをつかうことをお勧めしています。

シェアーズという会社が運用している財務分析サイト ValutationMatrixは過去10年以上の財務データを見ることができます。

わたしはこのサイトで会社の現金や、有利子負債のの推移を確認しています。会員登録をしなくてもデータを見ることができます。

また、GMOクリック証券に口座を持っているのであれば、シェアーズが提供する財務分析ツールを無料で使うことができるので、こちらもおすすめです。