好奇心の種を育てる

興味があることを書き留め、調べてみるブログ

スポンサーズリンク


株の初心者のための講座 損益計算書

損益計算書とは

損益計算書とは、会社がどれくらいの利益を稼ぎ出したかを示す成績書のことです。

損益計算書では、まず営業利益を計算して、そこに受取利息や配当金なども加えて経常利益を計算し、最後に特別損失や利益、税金を加味して最終的な利益である当期純利益を計算するといった流れで、会社が稼ぎ出した利益を「計算」しています。

つまり、これらの3つの利益を計算してもとめるのが損益計算書というわけです。

  • 営業利益
  • 経常利益
  • 当期純利益


各利益の説明は以下の通りです。

利益の名称 説明
営業利益 本業によって得た利益
経常利益 受取利息や配当金など本業以外の収益だけど、毎年入るような利益についても営業利益に加えて算出した利益
当期純利益 株式の売買益などの一時的な利益や、法人税の支払いも経常利益に加えて算出した最終的な利益


ここからは各利益を計算して求める過程をもう少しだけ詳しくみていきます。

 

1.営業利益の計算

ここでは、会社が本業でどれくらいの利益を出したかを計算します。
営業利益は、製品を売って得た売上から、製品を作るために費やしたお金や、製品を売るためにかかったお金を引くことで求めることができます。



営業利益 = 売上 - 売上原価 - 販売費及び一般管理費


各項目の説明は以下の通りです。

項目名 説明
売上 製品やサービスを販売して得た収入。
売上原価 製品やサービスを生産するための費用。光熱費、人件費、原材料、工場の建物や設備、土地などの取得にかかる費用など。
販売費及び一般管理費 製品やサービスを販売するための費用。光熱費、人件費、広告宣伝費や運送費など。

 

2.経常利益の計算

ここでは、会社の本業以外で得た利益も加味して利益を計算します。
経常利益は、営業利益に、本業以外で得た利益を足して、そこから、本業以外の費用を引くことで求めることができます。



経常利益 = 営業利益 + 営業外利益 - 営業外費用


各項目の説明は以下の通りです。

項目名 説明
営業外利益 本業以外で得た利益で、毎年入ってくるもの。お金を他の会社に貸し付けたことによって得た利息や、保有している有価証券の配当金など。
営業外費用 本業以外でかかった費用で、毎年出ていくもの。銀行から借りた借金の利息や、発行した社債の支払い利息など。

 

3.当期純利益の計算

ここでは、一時的な利益や損失も加味した最終的な利益を計算します。
当期純利益は、経常利益に一時的な利益と損失を足して、そこから、法人税などの税金を引くことで求めることができます。
また、税金を引く前の利益を税引前当期純利益と呼んでいます。



税引前当期純利益 = 経常利益 + 特別利益 - 特別損失




当期純利益 = 税引前純利益 - 税金


各項目の説明は以下の通りです。

項目名 説明
特別利益 株式の売却益のような一過性の利益のこと。
特別損失 株式の売却損や、天災による被害のような一過性の損失のこと。

 

損益計算書を読む上でのポイント

売上が一番大切

損益計算書では売上が一番大切です。なぜなら、売上がなくては利益を出すことは不可能だからです。また、売上はその会社の事業が社会に必要とされている度合いとみることもできます。売上が伸びているか、減っているかは必ず確認しましょう。

営業利益がその次に大切

売上に次いで大切なのが営業利益です。なぜなら、営業利益は会社の本業の実力を表しているからです。損益計算書を読むときは、営業利益を確認し、その会社の本業が好調かを判断するようにしましょう。

営業利益率を計算する

営業利益率を計算しましょう。
営業利益率の算出方法は以下の通りです。



営業利益率 = 営業利益 ÷ 売上 × 100

営業利益率は高いほうがよいです。なぜなら営業利益率が高いということは、その会社の事業の競争力が高いか、事業環境が良いことを表しているからです。


例えば、製品やサービスの競争力が低く、競合他社の値下げ圧力に屈せずを得ないなら、営業利益率は低くなります。逆に、製品やサービスに競争力があり、値下げなどしなくても消費者に受け入れてもらえるなら営業利益率は高くなります。

また、競合他社がいないか、大した脅威ではないために競争が穏やかな場合、製品やサービスの価格を高く設定出来るため営業利益率は高くなります。逆に競合他社が強力で競争が激しい場合、製品やサービスの価格を高く設定出来ない営業利益率は低くなります。


営業利益率は業態によって様々ですが、4%で標準、8%あれば高いくらいに思ってください。

営業外費用と特別損失を確認する

営業外費用が大きすぎないか

利息などの支払いが大きすぎて、利益を圧迫してないでしょうか。もし、営業利益に比べて経常利益が極端に少なくなっている場合は確認が必要です。

特別損失の中身を確認する

特別損失の額が大きく、経常利益に比べて税引前当期純利益が極端に少なっていませんか。そういった場合は、特別損失の中身を確認しましょう。

例えば、特別損失が台風や地震などの天災によるものであれば仕方がありません。会社に天災をコントロールすることはできないからです。
しかし、事業失敗による撤退費用や、契約不履行や工事遅延による訴訟費用が特別損失に含まれている場合は注意が必要です。過去の損益計算書を確認して、同じような理由で特別損失を計上していないか確認しましょう。もしも、何度も繰り返しているようであれば、特別損失を会社の本業の費用として考え、営業利益を割り引いて評価したほうが良いでしょう。

損益計算書は少なくとも過去5年分を確認する

損益計算書を読むときは、過去数年の数字を確認するようにしたほうがいいです。会社の業績が成長しているのか衰退しているのかわかりますし、たまたま調子が良いだけの年の損益計算書を読んで誤った判断を下す心配があるからです。

そのためには、会社の決算短信や有価証券報告書をさかのぼってみていく必要があります。これは非常に手間です。
そこで、会社の業績が手軽に確認できるようなwebサイトをつかうことをお勧めしています。

シェアーズという会社が運用している財務分析サイト ValutationMatrixは過去10年以上の財務データを見ることができます。

わたしはこのサイトで会社の売上や営業利益の推移を確認しています。会員登録をしなくてもデータを見ることができます。

また、GMOクリック証券に口座を持っているのであれば、シェアーズが提供する財務分析ツールを無料で使うことができるので、こちらもおすすめです。