好奇心の種を育てる

興味があることを書き留め、調べてみるブログ

スポンサーズリンク


株の初心者のための講座 キャッシュフロー計算書

キャッシュフロー計算書とは

キャッシュフロー計算書からわかること

キャッシュフロー計算書とは、会社のお金の実際の出入りをまとめた書類のことです。

損益計算書に書かれている利益が会社に入ってくるお金かといえば実は違います。商品が売れてもツケ払いで売っているなら、ツケを販売先から回収しない限り、会社にお金は入ってきません。また、売れ残った商品の在庫は売上原価には含まれないため、商品在庫が積みあがっている場合、利益は出ていても会社のお金は減っているかもしれません。

このように損益計算書では会社のお金の出入りは把握できません。実際のお金の出入りを把握するためにキャッシュフロー計算書があるのです。


キャッシュフロー計算書を読むことで

  • 会社のお金が増えているのか減っているのか
  • なぜ会社のお金が増えたのか、減ったのか

を知ることができます。

キャッシュフロー計算書の構成

キャッシュフロー計算書は

  • 営業キャッシュフロー
  • 投資キャッシュフロー
  • 財務キャッシュフロー
  • 現金及び現金同等物の期末残高

から構成されています。

キャッシュフローの種類 説明
営業キャッシュフロー 会社の営業活動(本業)によるお金の増減
投資キャッシュフロー 会社の投資活動によるお金の増減
財務キャッシュフロー 会社の財務活動によるお金の増減
現金及び現金同等物の期末残高 会社が持っているお金の量


キャッシュフロー計算書を読むことで、会社が持っているお金の量の増減が、会社の事業によるものなのか、投資活動によるものなのか、財務活動によるものなのかがわかるわけです。


以降では各キャッシュフローについてもう少し詳しくみていきます。

営業キャッシュフロー

営業キャッシュフローは、会社の本業によるお金の増減を表しています。もっと簡単に言うと、本業でどれだけお金を増やしたか、それとも減らしたかを表しています。
基本的に、営業キャッシュフローの額はプラスにならなくてはなりません。


営業キャッシュフローの額は会社の本業の実力を示しており、また、会社は営業キャッシュフローを元手に将来のための投資を行うため、営業キャッシュフローの額は極めて重要です。当期純利益の額と比べて、営業キャッシュフローの額が大幅に小さかったり、営業キャッシュフローの額がマイナスになっていたら、原因について確認をする必要があります。

営業キャッシュフローが減少する主な要因としては以下があげられます。

  • 事業利益が減ってしまったか、赤字である
  • 商品の在庫が急増した


営業キャッシュフローがマイナスになるのは当期純利益の減少によることがほとんどです。当たり前のことですが、当期純利益がマイナスなら会社のお金は減っていきます。

また、商品の在庫が増えると会社のお金は減ってしまいます。流石に商品在庫のせいで、営業キャッシュフローがマイナスになることはないとは思いますが、会社は事業の運転資金を確保するためにも、在庫を売ってしまう必要があります。もし、商品の在庫が急増していた場合、売れる見込みのない不良在庫となっている可能性があるので注意が必要です。

投資キャッシュフロー

投資キャッシュフローは会社の投資活動によるお金の出入り額を表しています。投資キャッシュフローをみると、会社が成長のためにどのようにお金を使っているかがわかります。

会社の投資活動には

  • 設備や土地の購入
  • 設備や土地の売却
  • 事業の買収
  • 事業の売却
  • 投資有価証券の購入
  • 投資有価証券の売却

があります。

基本的に投資キャッシュフローはマイナスになることが望ましいです。投資キャッシュフローがマイナスになるのは会社が将来のための投資をしているからです。逆にプラスになるのは会社が事業のための資産を売り払ってお金を調達しているということです。資産の売却が必ずしも悪いわけではありませんが、営業キャッシュフローのマイナスを埋め合わせるための資産売却ならば、会社の事業状態は非常に悪いと言わざるを得ません。


財務キャッシュフロー

財務キャッシュフローは会社の財務活動によるお金の出入り額を表しています。財務キャッシュフローをみると、会社がその年にどの程度資金調達したのか、それとも資金返済をしているかがわかります。また、どこから資金調達しているのかも一目瞭然です。銀行からの借入が大きいのか、それとも社債なのか増資なのかといったこともわかります。

会社の財務活動には

  • 銀行からの新規借入
  • 銀行からの借入返済
  • 社債発行
  • 社債の返済(利息の支払い含む)
  • 増資(株式の発行)
  • 株主へ配当金の支払い

財務キャッシュフローは会社の資金調達の状況を表しているに過ぎないため、これ単体で企業活動の健全性を評価するのは難しいです。

事業がうまくいっているときは、営業キャッシュフローを使って、借りたお金の返済をすすめ、株主への配当金などの支払いをするため、財務キャッシュフローはマイナスになります。また、会社が成長を加速するために営業キャッシュフロー以上の投資をしたい場合は、銀行からの借入や社債の発行または増資によって大量の資金調達をするため、財務キャッシュフローはプラスになります。これらのケースでは財務キャッシュフローがプラスであってもマイナスであっても問題はありません。

一方、事業がうまくいっていないときは、営業キャッシュフローのマイナスを補填するために銀行からの借入などを行うことがあるため、財務キャッシュフローはプラスになります。このケースは大きな問題があるといえます。

このように財務キャッシュフローだけではなく、投資キャッシュフローや営業キャッシュフローの値を見ながら企業活動の健全性を評価しましょう。


現金及び現金同等物の期末残高

現金及び現金同等物の期末残高は、会社の営業活動・投資活動・財務活動の結果残ったお金の額を表しています。その年の収支がプラスなら増えますし、マイナスなら減っていきます。

基本的には現金及び現金同等物の期末残高が増えていくことが望ましいです。儲かっている会社のお金は増えていくのが自然だからです。もちろん、会社が成長のために投資をすることで結果としてお金が残らないこともあるでしょうが、本当に儲かっている会社というのは、成長のための投資をしても使いきれないくらい儲かっているものです。

また、現金及び現金同等物の期末残高が急激に減っている場合は注意が必要です。なぜなら会社のお金がなくなると会社が倒産するからです。

もう少し正確に説明すると、半年以内に2回不渡りを出すと、手形を使った決済ができなくなり、実質的に会社の運営が難しくなり倒産せざるを得なくなります。

  1. 製品の原材料を買う際に毎回現金で支払うのは大変なので、通常会社は手形(つけ払い)でお金を支払っている
  2. 手形の支払い日に銀行の当座口座からまとめてお金が引き落とされる
  3. 支払日にお金がないと、引き落としができず不渡りとなる。これが半年に2回起きると、手形(つけ払い)での支払いが出来なくなる
  4. 手形での支払いが出来ないと、事業運営のための支払いが極めて困難になるため、事業を継続できず倒産する


会社のお金が無くなると大体こんな流れで会社が倒産します。
従って、現金及び現金同等物の期末残高が急激に減っており、現金の枯渇が心配される会社への投資は避けたほうがいいでしょう。