株式調査記録

主に日本の株式の調査結果をまとめています

株価の変動が心を乱すとどうなるのか

スポンサーズリンク


わたしの投資手法では、短期的な株価の変動を無視しなくてはなりません。株価と株の価値は必ずしも一致しません。また、株価が上昇したからと言って株の価値が高くなったとは限りませんし、逆もまたしかりです。わたしが自身の投資手法を実践するのであれば、このことを重々承知していなくてはなりません。


しかし、昨今のコロナウイルス流行によって株価が大きく変動し、わたしは次のように考えてしまいました。

  • 株価が下落しているが、自身の投資判断が誤っているのではないか
  • もっと下落するのではないか、ここで損切りをするべきではないのか
  • 株価が回復したが、ここでポジションを解消し様子を見たほうがいいのではないか
  • 株価が回復したが、もっと株価が上昇するのではないか、買い増ししたほうがいいのではないか


わたしが投資する銘柄にとってコロナウイルスは一過性のものであり事業の価値を低下させるものではありません。コロナウイルス流行による株価の変動を完全に無視するべきなのに上記のような考えが頭に浮かんでしまいました。厄介なことにわたしは合理的にその考えに至ったのだとさえ思っていました。自身が動揺していることや不安に思っていることを認識しずらかったのです。それでも悩んでいるうちに、上記の考えは自身の投資手法にはそぐわないと思い、行動に移すことがなかったのは幸運なことでした。


株価の変動によって動揺すれば、誤った投資判断を下してしまうかもしれないと認識しておくべきです。正しい考えだけで正しい判断や行動に至るのは難しい。特にわたしのような不安を覚えやすい、動揺しやすい人間にとってはそうです。


今回はここまでです。