好奇心の種を育てる

興味があることを書き留め、調べてみるブログ

スポンサーズリンク


株の初心者のための講座 損益計算書

損益計算書とは

損益計算書とは、会社がどれくらいの利益を稼ぎ出したかを示す成績書のことです。

損益計算書では、まず営業利益を計算して、そこに受取利息や配当金なども加えて経常利益を計算し、最後に特別損失や利益、税金を加味して最終的な利益である当期純利益を計算するといった流れで、会社が稼ぎ出した利益を「計算」しています。

つまり、これらの3つの利益を計算してもとめるのが損益計算書というわけです。

  • 営業利益
  • 経常利益
  • 当期純利益


各利益の説明は以下の通りです。

利益の名称 説明
営業利益 本業によって得た利益
経常利益 受取利息や配当金など本業以外の収益だけど、毎年入るような利益についても営業利益に加えて算出した利益
当期純利益 株式の売買益などの一時的な利益や、法人税の支払いも経常利益に加えて算出した最終的な利益


ここからは各利益を計算して求める過程をもう少しだけ詳しくみていきます。

 

続きを読む

株の初心者のための講座 貸借対照表(バランスシート)

貸借対照表とは

貸借対照表とは、会社が事業を営むために何をどのくらい保有しているのか、また、そのためにどのような手段でいくら資金を調達しているのかをまとめた文書です。

事業のための保有資産額と、資金調達金額がつり合いバランスがとられるため、バランスシートとも呼ばれています。

以下は貸借対照表の全体図です。


f:id:quwequwe:20171005214155j:plain:w600



貸借対照表は上の図のように、会社が事業のために保有している資産額を表す資産の部と、資金調達の手段と額を表す負債の部および純資産の部から構成されています。
それぞれの部に書かれている主な項目を以下にまとめました。

区分 主な項目
資産の部 現金や土地、建物
負債の部 借入金や債券
純資産の部 株式発行によって調達したお金、これまでに事業で稼いだお金




そして、それぞれの部には以下の図のように、資産や負債などの項目名とその金額が並んでいます。


f:id:quwequwe:20171005225841j:plain:w400



貸借対照表を読むことで「この会社は土地や建物をたくさん持っているな。土地や建物は借金で買ったというよりも、これまで事業で稼いだお金で買っているのだな」ということがわかるわけです。



どうですか、貸借対照表についてイメージできましたか?
次はそれぞれの部についてみていきます。

続きを読む

株の初心者のための講座 会社の資金調達

会社の資金調達

会社が事業を営むためには多額のお金が必要です。
会社の事業を運営するには、工場を建てたり、原材料を買ったり、従業員を雇ったりと大量のお金がかかるからです。
自前ですべてをまかなうことができれば理想ですが、起業する際はそもそも元手が無いのが普通ですし、稼いだお金以上の投資をする事もあります。

そのような場合に、会社は銀行や投資家から資金調達を行います。

以下の図は会社の資金調達のイメージです。

f:id:quwequwe:20171005013335j:plain


株式会社の場合、資金調達の手段は大きく3つあります。

  • 銀行からの借り入れ
  • 債券の発行
  • 株式の発行

です。


それぞれ以下のような特徴があります。

資金調達の手段 特徴
銀行からの借り入れ いわゆる借金です。決められた利息と元本を銀行に返済しなくてはなりません
債券の発行 社債を発行し、投資家に買ってもらうことで資金を調達します。決められた利息と元本を投資家に返済しなくてはなりません
株式の発行 株式を発行し、投資家に買ってもらうことで資金を調達します。利息や元本を投資家に返済する必要がありません。その代わり、会社が稼いだ利益や会社の純資産は株主の持ち物になりますし、会社の経営権も株主のものになります

 

このように、会社は様々な方法で資金を調達し、事業を営んでいます。

株の初心者のための講座 会社の活動サイクル

会社の活動サイクル

会社は事業を営むことでお金を増やしています。
そのイメージを以下に図示しました。

f:id:quwequwe:20171005002820j:plain:w600

  1. お金を投資して、生産設備と原材料を調達する
  2. 生産設備と原材料から製品を生産する
  3. 製品を顧客に販売する
  4. 収入を得る


1~3の収入を得るまでのプロセスでかかったお金が、4で得られる収入よりも多ければ、会社はお金を増やすことができます。
こうした会社の投資、生産、販売、収入のプロセスを当サイトでは「会社の活動サイクル」と呼んでいます。


また、1~4のプロセスは循環しています。そのため、4で得た収入を再び1で投資して、活動サイクルの規模を拡大させていくことができます。
活動サイクルの規模は、会社が持っている生産設備、原材料、現金、製品の在庫などの資産の総額=総資産で表します。


例えば、総資産100万円で事業を営んでいるA社が、毎年、総資産の10%の利益を挙げている場合、活動サイクルの規模=総資産は以下の表のように増えていきます。

年月 総資産
1年後 110万円
2年後 121万円
3年後 133万円
4年後 146万円
5年後 161万円


この例では5年間で総資産が1.6倍になっています。

このように、会社は活動サイクルを繰り返すことでお金を増やしていくわけです。

関西ペイントの業績 2017年3月期決算まで 11年間分

要点

  • 関西ペイントは塗料メーカー
  • 塗料の国内市場は成熟しており、国内での成長は難しい
  • 一方海外市場は拡大しているため、海外での成長を狙い海外進出に積極的
  • 海外進出はM&Aによって行っており、多額の投資を行っている
  • 多額の投資に伴い近年急激に有利子負債が増加している

塗料業界についての調査はこちらからどうぞ。


関西ペイントの事業

関西ペイントは塗料事業を営んでいます。
さらに塗料事業は以下のセグメントに分けることができます。

  • 国内自動車
  • 海外自動車
  • 自動車補修
  • 工業
  • 建築
  • 船舶鉄構


各セグメントが売上に占める割合を以下の図に示します。

f:id:quwequwe:20170913172953g:plain
関西ペイントの有価証券報告書より

続きを読む