好奇心の種を育てる

興味があることを書き留め、調べてみるブログ

スポンサーズリンク


殺虫剤メーカについて調べてみた フマキラー 事業内容と業績推移

事業内容

事業概要および部門別売上構成

フマキラーは「殺虫剤」「園芸用品」「防疫剤」「家庭用品」の製造販売を主な事業として営んでいます。

以下の表は各部門の取り扱い品目および事業地域です。

部門 取り扱い品目 地域
殺虫剤 ワンプッシュ式蚊取り器、電池式蚊取り・虫よけ、マット式蚊取り器、液体蚊取り器、蚊取りマット、ハエ・蚊用殺虫剤、ゴキブリ用殺虫剤、虫よけ剤、くん蒸剤、不快害虫用殺虫剤 日本、東南アジア、その他
園芸用品 園芸害虫用殺虫・殺菌剤、肥料、活力剤、除草剤、培養土等 日本
防疫剤 乳剤、油剤、粉剤、殺そ剤等、フマキラートータルシステム(シロアリ事業・衛生事業、木材保存事業) 日本
家庭用品 衣類防虫剤、除湿剤、花粉アレルギー対策商品、除菌剤等 日本

有価証券報告書およびIR情報より表を作成


以下は2018年3月期の部門別の売上構成です。

f:id:quwequwe:20180924010143p:plain
有価証券報告書よりグラフを作成


いずれの部門も殺虫に関連する製品を取り扱っています。また、売上の殆どが「殺虫剤」部門によるものです。部門別の利益に関する情報はありませんでした。

地域別の売上構成

以下は2018年3月期の地域別の売上構成です。

f:id:quwequwe:20180924011026p:plain
有価証券報告書よりグラフを作成


海外売上が43%と高いです。各部門で海外で事業を行っているのは「殺虫剤」部門だけなので、国内の殺虫剤で37%、海外の殺虫剤で43%の売上をあげている計算になります。


世界の家庭用殺虫剤の市場規模および構成は以下の通りです。


f:id:quwequwe:20180924011629p:plain
IR資料より


家庭用殺虫剤市場はアジアが占める割合が多く、フマキラーが東南アジアに注力しているのは理にかなっています。

続きを読む

殺虫剤メーカについて調べてみた アース製薬 事業内容と業績推移

事業内容

概要

アース製薬の事業セグメントは「家庭用品」「総合環境衛生」の2つに分類されます。

「家庭用品」事業では虫ケア用品や口腔衛生用品・入浴剤をはじめとする日用品の製造販売を行っています。

「総合環境衛生」事業では、食品・医薬品関連工場の総合環境衛生管理業務及び環境衛生に関するコンサルティング、病院、レストラン、オフィスビル等幅広い分野で防虫・防鼠、清掃、消毒の環境衛生管理のサービスを行っています。


以下のグラフは売上および利益の構成です。

f:id:quwequwe:20180709160315p:plain
有価証券報告書よりグラフを作成


売上の大半を「家庭用品」事業が占めており、「総合環境衛生」事業の売上は12%と少ないです。しかし、「総合環境衛生」事業は利益の24%を稼いでおり、売上は少ないですが利益の面からは無視できません。


ちなみに、事業の内容とは関係がありませんが海外での売上がどの程度あるかについても見てみましょう。以下のグラフは地域ごとの売上比率です。

f:id:quwequwe:20180803021652p:plain
決算説明会資料よりグラフを作成

海外の売上は全体の5%程度であり、アース製薬の売上のほとんどは国内のものになっています。

続きを読む

リスクモンスター 事業内容と業績推移

要点

  • 業績はほとんど成長していないか、ゼロ成長
  • 与信管理サービス等は〇
  • ビジネスポータルサイトは△
  • 財務盤石

事業内容

概要

リスクモンスターは大まかに以下3つの事業を営んでいます。

事業 内容
与信管理サービス等 企業の信用力格付け情報、企業の財務体力を考慮した与信限度額をASP・クラウドサービスによって提供する
ビジネスポータルサイト スケジュールや会議室の管理などの業務効率を図るためのサービスを提供するビジネスポータルサイト「J-MOTTO」を運営している。ASP版勤怠管理システム、給与データベースをWEB上で一括管理できるサービスも提供している
BPOサービス 顧客企業内にノウハウが少ない分野や付帯的な業務を請け負っている。マーケティング業務の効率化およびデジタルデータ化ソリューションを提供する

有価証券報告書より表を作成


売上と利益の構成を以下に示します。


f:id:quwequwe:20180703180252p:plain
有価証券報告書よりグラフを作成

グラフから、「与信管理サービス等」と「ビジネスポータルサイト」とで売上の8割、利益の9割を稼いでいることがわかります。したがって、リスクモンスターはこれら2つの事業を営んでいる会社であるといえます。

続きを読む

ユニチャーム ペット事業の営業利益が減少した原因は何か?

はじめに

以下の記事でユニチャームの業績について調査しました。

ユニチャームの業績を調べてみた - 好奇心の種を育てる


これをみると、ユニチャームのペット事業の利益率は2011年以降急激に低下しており、ペット事業は相当苦戦しているようにみえます。

  • ペット事業の利益率が低下した原因は何なのか
  • 本当にペット事業は苦戦を強いられているのか

について興味があったので調べてみました。

ちなみに、ユニチャームのペット事業の売上は全体の10%程度で、ユニチャームの業績に与える影響はそれほど大きくありません。

続きを読む

日本ケアサプライ 事業内容と業績推移

要点

  • 日本ケアサプライは福祉用具のレンタル卸を営んでいる
  • レンタル卸は顧客にとってメリットが大きく、ストック型の収益を得られるため安定した収益が期待できる
  • レンタル卸は経営体力が要求され、レンタル資産のコストとリスクを負わなくてはならない
  • 福祉用具レンタル市場は拡大している
  • 日本ケアサプライの収益性はおおむね問題ないが、原価率が上がっているため利益率は低下している
  • レンタル資産が急激に増えているが、レンタル資産が売上を生む効率は低下している

事業内容

日本ケアサプライは主に福祉用具サプライ事業を営んでいる

日本ケアサプライは以下の2つの事業を営んでいます。

事業セグメント 内容
福祉用具サプライ 介護保険制度の対象となる福祉用具をレンタル業者に貸与している。または、介護保険利用者に福祉用具を貸与している
在宅介護サービス デイサービス(日帰りで施設に通い、食事や入浴など日常生活上の介護や機能訓練等を受けることのできるサービス)や訪問看護・リハビリサービスを提供している。また、デイサービス事業者向けに配食サービスを行っている

 

福祉用具サプライ事業が2017-3期の売上の96%を占めており、日本ケアサプライは福祉用具サプライ事業のみをしているとみても問題ありません。

そのため、本記事では福祉用具サプライ事業についてのみ記載しています。

続きを読む