株式調査記録

主に日本の株式の調査結果をまとめています

ポートフォリオの状況(2020年9月末まで)

これまで公開してきませんでしたが、以下は私のポートフォリオです。2019年11月末の資産額を100としています。各月末の値を記載。恥ずかしいくらい少額なので実際の資産額を公開する予定はないです。

f:id:quwequwe:20201017040432p:plain


2019-11比で+21%のパフォーマンスとなっています。入出金はありません。この短期間での成績にはあまり価値を感じませんが、自分の投資状況を振り返るにはこれくらいの期間がちょうどいいのかなと思っています。


色々考えて2020年1月に投資対象を竹本容器、日本ケアサプライ、プラネットの三社に絞る決断をしています。この3社が最も「私が」自信をもって保有できる銘柄だったからです。単純に長期保有することをもっと重視しようと思ったからです。


2020年3月に竹本容器を大きく買い増しました。この記事で書いたように竹本容器が過小評価されていたので追加投資しただけ。プラネットを2020年1月に新規購入していますが、タイミングはあまり良くなかったなぁと思っています。高すぎる価格ではないですが割安な価格で購入できていないので。日本ケアサプライは2020年1月に追加で購入していますが特にいうことはありません。



今年の2月~4月ごろまで大きく株価が落ち込む時期がありましたが、キャッシュポジションの有用性を学ぶことができました。

  • キャッシュポジションがあればお買い得価格で投資するチャンスをものにできる
  • キャッシュポジションをある程度残しておくことで精神状態を安定させながら下落相場に買い向かうことができる


なので今のキャッシュポジションは次の下落相場まで残しておこうかなと思っています。


今回はここまでです。